読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小黒のルーリィ

ツボで便秘に効果が期待できると有名な、おえそから両側に指2本分くらい空けたところに存在する天枢(てんすう)です。他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。


手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。



便秘の種類によっても、効果があるツボが異なるので、自身に適したツボを押すと改善に繋がるでしょう。俗にいう乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。いろいろ調べてみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、乳酸を化学反応的なことで創り出す菌類のことになるのだ沿うです。


これは世間での常識ですか?私は30年以上生きてきて、初めて知った事実です。


特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が入っているサプリメントです。

おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、乳酸菌飲料が嫌いだという人も多々居ます。
連日乳酸菌を含む食品を口にするのは大変です。



それが、乳酸菌がふくまれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと吸収することができますので、便秘の解消に役たちます。乳酸菌を食べたり飲んだりすると色々な効果があります。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、腸内環境をより良くします。
その結果として、免疫の力が向上し、たくさんの健康に対する良い効果が得られます。

他にもあとピー性皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できるのです。
http://fosoehgar1isl0ouonnttd.hatenablog.com/

乳酸菌図らだの健康をより良い状態にする効果が高いと言われています。


乳児がインフルエンザになったら、きわめて大変なことに陥ります。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも考えられるでしょう。
インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が利口かもしれません。

夜中に熱が上がって、40℃近くまで上がって健康を害したので、翌日病院で診察して貰いました。

先生はインフルエンザの検査が可能ですよとすすめられました。



私も、もしかして、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、確認したいと感じました。乳酸菌と言って思い浮かぶのはカルピスです。
小さかったころから、毎日飲用していました。
そのワケは乳酸菌が入っているからです。毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。なので、私は便秘知らずです。

カルピスを飲んでいたのがワケで大変健康になりました。

乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含んだ商品を試してみることが良いでしょう。

最近では、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、サプリメントも出回っています。
内臓まで届く乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、お手洗いから出られない状態なったので、試すのは休日の前がおすすめです。